仕事

核家族化により、ますます求められホームヘルパー

核家族化により、ますます求められホームヘルパー

高齢化が進む日本において、ホームヘルパーぬきに看護医療を語ることはもはやできません。
ホームヘルパーの仕事内容についてご紹介しましょう。
まずホームヘルパーとは、老化や心身の障害などによる理由から、日常生活を営む上で支障をきたす老人や、障害者の家庭にて、身体の介護や家事などを行う人のことをいいます。

主な仕事は大方3つに分かれています。
まずは、食事・排泄・入浴・体の清拭などの身体の介護が主体となる看護医療になります。
通院の介助も行うこともあります。

次に家事も重要な仕事内容です。
食事の支度・洗濯から始まり、生活必需品の買出し、その他必要に応じて関係機関との連絡にいたるまで、老人や障害者が何の不便もなく日常の生活を営めるようお手伝いをします。
そして最後が、相談やアドバイスということになります。

ホームヘルパーがますます需要が増えるといわれている原因には、高齢社会だけではなく、進む核家族化もあげられています。
本来であれば、親との同居はあたりまえのように行われていましたが、今日では核家族化により多くの老人が一人暮らしということも珍しくはありません。
そこで、親身になってお手伝いするホームヘルパーが必要とされるのです。

標準