家族葬と密葬の違い
メディアとニュース

家族葬と密葬の違い

家族葬と密葬の違い

家族葬と混同されがちな葬儀の一つに「密葬」というものがあります。
密葬は、原則として「公開されない葬儀」を指します。

密葬も家族葬も家族やごく親しい親族のみで行うという点では同じなのですが、密葬の場合は葬儀の日取りなども公表されません。

この密葬は、何らかの事情があって葬儀を公開したくない場合に行われます。
代表的なのが有名人の葬儀ですね。

有名人の葬儀などは公開してしまうと参列者の収拾がつかなくなってしまうため、一旦密葬という形で葬儀をして、後に告別式やお別れの会を開くというのが一般的です。

これに対して家族葬は、一般的に葬儀を家族や近親者のみで行い、告別式やお別れの会などは別に設けません。

そのため、家族葬の場合は、家族や近親者以外はきちんとお別れする機会がない、ということになります。
これが家族葬の最も大きな難点と言われています。

日本は礼節を大切にするお国柄であり、新しいスタイルの家族葬をする際には親族などできちんと話し合うことが重要です。

標準
メディアとニュース

ホームページ制作会社と言っても様々です

ホームページ制作会社、Webデザイン制作会社、ホームページ制作代理店など様々な呼び名がありますが、どれもがホームページ制作を請け負う制作会社の呼び名です。

どの制作会社にホームページを依頼しても同じなのかと言えば、これが違うのですね。

一般にホームページ制作会社と呼ばれるもののなかには、ホームページのデザインと作成のみを行う会社、ホームページを作成したのちの管理や更新といった、アフターメンテナンスサービスも同時に請け負う制作会社。

そこにSEO対策も含めたサポートを提供している制作会社、ホームページの制作と管理更新、SEO対策に加えて、クライアント企業の販売戦略やイメージ戦略など、多岐に渡るコンサルティングを一手に引き受ける会社など、その内容は様々です。

まずは依頼主が求めているニーズに合致した制作会社を選んで契約することが、最も重要と言えます。
その上で制作会社の過去の実績や、デザイン性、システム開発スキルといったものを吟味して決めるのが良いのではないでしょうか。

標準