家族葬と密葬の違い
メディアとニュース

家族葬と密葬の違い

家族葬と密葬の違い

家族葬と混同されがちな葬儀の一つに「密葬」というものがあります。
密葬は、原則として「公開されない葬儀」を指します。

密葬も家族葬も家族やごく親しい親族のみで行うという点では同じなのですが、密葬の場合は葬儀の日取りなども公表されません。

この密葬は、何らかの事情があって葬儀を公開したくない場合に行われます。
代表的なのが有名人の葬儀ですね。

有名人の葬儀などは公開してしまうと参列者の収拾がつかなくなってしまうため、一旦密葬という形で葬儀をして、後に告別式やお別れの会を開くというのが一般的です。

これに対して家族葬は、一般的に葬儀を家族や近親者のみで行い、告別式やお別れの会などは別に設けません。

そのため、家族葬の場合は、家族や近親者以外はきちんとお別れする機会がない、ということになります。
これが家族葬の最も大きな難点と言われています。

日本は礼節を大切にするお国柄であり、新しいスタイルの家族葬をする際には親族などできちんと話し合うことが重要です。

標準

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です